もち衛門のひとりごと

サ高住で働く介護福祉士です。
日々、思った事を気が向いた時に綴っていきたいと思います。

手が・・・(;^_^A

しびれる…
肩の凝りからきてるんだけど、そろそろ限界だ。
病院行くか…
でもねぇ…肩の凝りからじゃなかったら怖いしねぇ。
首からきてるんだろうなぁ
分かっちゃいるんだけどねぇ…


と考え続けて一週間。
これが家族とか、利用者さんとかだったら病院受診をするよう勧める。

自分ではなかなか行かない(笑)
感覚があまりなくなってきてるので本当にそろそろ行こう。
仕事に支障が出始めてるしねぇ。。。

なんだかねぇ。。。

パート勤務でも職員には変わりない。
だから、入浴介助でもレクレーション担当でも業務のうち。


私の勘違いなんだろうか?


就業時の契約に何もない限り、業務内容は正職員と同じで
曜日と時間の制約があるのがパート勤務だと思ってる。


入居されている方々に個別のサービスがあり
それに細かく答えようとすれば、仕事量は増える。
日々の体調や周りに変化があっても同様。
だから声を掛け合ってねって言うし、一日の流れや人の動きを覚える必要がある。
その為に申し送りや館内のピッチがある。
希望に100パーセント答えることが出来なくても
出来る限りのことはするべきで。
職員の所属が何処だなんて入居者には関係ないし
サービス付き施設という時点で相手は「お客様」で「友達」ではない。


なので


基本は敬語で対応すべきで、何でも話していいわけじゃない。
なるべく、家族や本人の意思を尊重すべきだし
こちらの都合をお願いすることはあっても、押し付けるべきじゃない。
介護士だって人だからイラっとすることもある。
それが悪いとは思わないけど、相手にぶつけるべきではない。


パート勤務でも正職員でもそれは同じだ。
入浴介助の終わりが見えなくても、疲れてても仕事に何の変りもない。
もっと気楽に仕事がしたいなら、働く施設をもっと考えたほうがいい。


手厳しいだろうか。。。?







「仕事」って

なんだろうって思う。


こんなことを思う時点で色々行き詰まってるんだろうなぁ(笑)


さて話題を戻し。


生きていくため、
生活のため、
生きがいのため、
楽しみのため、
自分のため


その日によって微妙に変わる。
子供を育てなきゃならないし、上の学校にも行かせてあげたい、
義父を見ていかなきゃならないし、年金だけでどこまでいけるか分からないし
専業主婦になったら・・・出来ないだろうなぁ(笑)
それなりに仕事も面白いし、好きだし。


優先しなきゃいけないこと、
優先すべきこと、
優先したいことが


気持ちの中でうまく整理できない、出来てない。。。


今日一人退職した。
親の介護が主な理由らしい。
私もあの時スパッと退職していたら…義父の今も違っていたかもしれない。


きっと定年するまで考え続けるんだろうなぁ、、、長いなぁ、、、