もち衛門のひとりごと

サ高住で働く介護福祉士です。
日々、思った事を気が向いた時に綴っていきたいと思います。

気を引き締めて

義父が体調を崩し入院した。
一時は、もう駄目だと思ったが一先ず安定(?)している。


お見舞いに行く度に色々目に付く。
ダメだ、駄目だ!!色々なやり方がある。
私にはわからない事情があるかもしれない。
でも。。。直したい、
。。。体交。。。シーツ。。。パジャマ。。。
嗚呼、口腔内に汚れが。。。唇が乾いてる。。。
センサーが鳴ってるよ?誰も来ないけど?病室まで多分50歩ないよ?
記録も大事だけど、ちょっと確認はできると思うよ。
音に慣れてしまっていて
何にもないと思っても、何かあるかもしれないじゃん。
家族が医師からされていない説明をシラッとする看護師。


「慣れ」って怖いなって思った。
「知らない」って、すごいことだとも思った。


「何かあれば、いつでも聞いてください」っていうけど
なかなか聞けない。病棟にいないからね、先生(笑)
電話をすれば交換で「お約束ですか?」と聞かれる。
約束がなきゃ駄目なんだねぇ・・・と思ってしまって電話も遠のく。


気を付けよう。
自分も同じことを思わせてしまっているかもしれない。
まぁ、家族に勝手に色々話さないけど(苦笑)