もち衛門のひとりごと

サ高住で働く介護福祉士です。
日々、思った事を気が向いた時に綴っていきたいと思います。

それぞれの事情と環境

同僚のお父さんが亡くなった。
体調が悪く、自宅で介護していたのは聞いていた。
話を聞きながら自分と比べてみたりしてた。
義父と同居を始めて認知症が重くなり施設に入り。
自分が仕事を辞められればいいんだよなってずっと思ってた。
旦那さんの協力が得られない以上難しかったのもあるけど。
本当にそれだけか?って思ってた。
そんなとき義父が倒れた。
今はほぼ寝たきりで気管切開もしたので
自宅ではもっと難しくなって入院生活を送ることになった。
声を出すことも出来ず、食事を口から食べることも出来ず。


病院へ行くのは正直気が重い。
介護の仕事をしているくせに
スパッと仕事を辞めることが出来なかったが為に
義父は施設に入り倒れて入院生活を送る羽目になった。
その思いが抜けない。
大変だけど、自宅で看取れた同僚が羨ましくもある。


どうすればいいかなんて
きっと答えは出ない。